荷運びのコツ

 

積み込みと搬入作業のポイント

トラックへの積み込みと搬入作業はより慎重に行う作業です。特に長距離の引っ越しの場合は、細心の注意を払って積み込みを行う必要があります。更に引っ越し先へ到着後もスムーズに荷物の搬入ができるように準備しておくことも大事です。

トラックへの積み込み作業

トラックへの積み込み作業を工夫することで、搬入作業をよりスムーズに行うことができます。食器や家電製品などある程度の重量感があり、破損しやすいものはきちんと梱包したうえで下に、軽くてつぶれやすいようなものは上に積み重ねていくのが基本となります。形の整っているダンボールやキルティングの梱包材などが被さっている家具などは、積み上げていく際の土台になります。隙間部分には、クッションやカーペットなどで詰めていきます。積み込みの順番にも工夫が必要です。破損しやすいガラス製品などはすぐに降ろせるように、一番最後に積み込みをしましょう。また、置き場所が決まっている洗濯機や冷蔵庫なども早めに搬入できるように積み込み場所を把握しておくことが大事です。

搬入経路の確保

引っ越し先に到着したらまず、搬入経路の確保をしましょう。大きな家具や洗濯機、冷蔵庫などは、曲がり角が多いとその分、細心の注意が必要となります。一階への荷物搬入の場合は玄関を搬入口と決めてしまわずに、各部屋からの搬入も検討しましょう。またトラックから積み荷を降ろす際に、一旦仮置きをするスペースが必要となる場合もあります。もちろんその際にも、荷物や床を傷つけないように毛布やカーペットを敷きますが、きちん梱包されていると、搬入時の傷や破損の心配も少なくすみます。また背の高い家具などを搬入する際に、天井や照明器具にも注意しましょう。



トラックへの積み込み作業も、搬入作業もきちんと梱包することで、キズや破損の心配を減らすことができます。家具や家電など大きなものは、運ぶ際にキズをつけてしまうことがあるので家具全体を覆うことができる梱包資材を用意しましょう。食器やグラス、花瓶など割れやすいものには空気が入っているような梱包資材をおすすめします。

弊社では、ハイパット、ニューパット、エアーパットを販売しております。ハイパット、ニューパット、エアーパットは、引っ越し業界などで使用されている伸縮自在の梱包材です。一度購入すると繰り返し使用することができます。引っ越しの際だけでなく、模様替えなどの家具の移動にもおすすめです。

ページトップへ