荷運びのコツ

 

意外に難しい単身引越し

引越しをしなければならない理由は様々ですが、1人暮らしの方の引越しは簡単にできるというイメージがあります。そのため、単身者の方では引越しをする際にプロに頼らない方法をご検討になることがあります。
しかし、意外に知られていないのですが、単身での引越しは存外難しいものなのです。

荷物は意外に多い

ファミリー世帯での引越しに比べて、単身引越しは荷物が少ないというイメージがあります。
しかし、実際にはそうでもないのです。ライフスタイルにもよりますが、日常生活で必要な家電などは大きさが違うものの、種類や数はファミリー世帯で使用しているものと変わりません。また、1人暮らしの場合、自由に使えるお金が多いため、自分の趣味のものにお金をかけている方も多いです。

例えば、音楽が好きならCDや楽器、映画や読書が好きならDVDや本、紙類などが荷物として考えられます。
日用品としての家財道具以外にも、「趣味のもの」の荷物が多いため、用意する包装用資材は種類・量共に変わらないことが多いです。

梱包・運搬慣れしている人が少ない

プロに頼らず自力で引越しをする場合、意外と大変なのが荷物の運び出し&運び込みです。
家電や収納家具など、大きなものはもちろん「趣味のもの」が多い単身引越しでは、運搬に気を配って欲しい方も多いのではないでしょうか。

しかし、プロに頼らない場合、荷物の包装や引越し用資材の梱包・運搬に慣れている人がいるとは限りません。そのため、ちょっとした荷物の破損や壁・床にキズをつけるなどのことが珍しくないのです。
荷物にダメージの少ない引越しをしたいのであれば、キルティング包装材などの保護力の高いものを用意しておいたほうが無難になります。

費用の見積もりをしっかりと

プロに頼らないということは、トラックや荷物の運搬に必要な人員を自分で確保する必要があります。
家族や友人に依頼するにしても、貴重な時間を借りることになるため、食事や謝礼などは用意しておきたいものです。引越し業者を使用しない分、予算の見積もりが変動しやすくなりますので、引越しにかかる費用の計算などはしっかりと詳細に見積もっておくことをおすすめします。

単身引越しは、簡単そうに見えて意外に難しいものです。単身引越しをサポートする包装資材をお探しであれば、弊社の引越し資材をお役立て下さい。

ページトップへ