養生カバー(梱包材、引越用品、養生資材)ならパット屋.com。引越・梱包用カバー専門店です。被せるだけの梱包資材や引越資材など、梱包・養生用としてハイパットシリーズを多数取り揃え。
 
 
 
 
 

荷運びのコツ

 

引越し当日の段取り

引っ越し当日は引っ越し業者を含め、複数人での作業となります。予定された時間内で作業を終えられるよう引っ越し当日の段取りを把握しておくことをおすすめします。

引っ越し業者が来る前に行うこと

引っ越し業者が来てからでは、慌しくなるので食事の時間を取ることができないことがほとんどです。引っ越し業者が来る前にしっかり食事を済ませておくことをおすすめします。引っ越しの際には大切な通帳、印鑑、現金などはご自身で保管しなくてはなりません。引っ越し当日まで使用していた食器や洗面用具、布団などの荷造りを忘れないように再度チェックしておくと安心です。

作業前の打ち合わせ

引っ越し業者が到着したら、作業責任者と打ち合わせを行います。その際に転居先の間取り図などがあると家具の配置などを説明できるので便利です。自分で運ぶ荷物や運ぶ必要のない荷物などがある際にはしっかり伝えておきましょう。また、高級品や易損品などがある場合も作業前に伝える必要があります。荷物包装の際に特別な包装材などで梱包をしてもらえることがあるかもしれません。家具のキズなども運ぶ前に確認してもらうことでお互いの信頼が高まるでしょう。作業前の打ち合わせは、トラブルを防ぎ、スムーズに作業を進めるために大切なことなので、希望などをまとめておくことをおすすめします。

積込作業を終えたら

積み残しがないかを確認します。とくにベランダ、押入れ、天袋は積み残しが多いので注意が必要です。最後に軽く部屋の清掃をします。トラックの出発前には転居先の住所と到着予定時刻を確認しておきましょう。その際に運転手の連絡先を控えておくと便利です。

転居先で行うこと

大きな家具は、できるだけ早く設置場所を決めるようにしましょう。設置した場所から移動してもらう際には、他の荷物を運び出す前に作業員に相談することをおすすめします。大きな家具は、他の荷物によって移動できなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。引っ越し作業が終わったら積み残しがないかをチェックします。家具に引っ越しの際にキズをつけていないかの確認も大切です。

引っ越しの際の包装は、弊社の保護カバーをおすすめします。引越業界で使われていた什器保護カバーを「誰でも使えるプロツール」として、女性やお子様でも使い勝手のよいものに改良しております。何度も繰り返し使用できる資材ですので、ゴミの削減にもつながります。

ページトップへ