養生カバー(梱包材、引越用品、養生資材)ならパット屋.com。引越・梱包用カバー専門店です。被せるだけの梱包資材や引越資材など、梱包・養生用としてハイパットシリーズを多数取り揃え。
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

定休日: 土・日曜日、祝祭日

カタログ請求受付中
検索する

カタログ無料プレゼント

お申し込みはこちらから

トップ > コラムインデックス > 大きな荷物を運ぶときによくあるトラブル

引越用品の専門店が教えるお役立ちコラム

大きな荷物を運ぶときによくあるトラブル

引越しでソファーやベッドなどの大きな荷物を運ぶ際は、十分に気をつける必要があります。

ちょっとしたミスによって、大きなトラブルが起きてしまう可能性があるからです。

手が滑ってしまい…

引越し時は荷物を梱包することになりますが、中には「これくらいなら大丈夫だろう」と梱包せず、そのまま運んでしまうケースも聞かれます。しかし、もし手が滑ってしまった場合、荷物が破損したり自分の足に落として怪我をしたりといったことにもなりかねません。

新しい生活が怪我からのスタートでは面白くないはずです。自分の身の安全と荷物の破損を防ぐためにも、しっかりと梱包することで無事に引越しを終えられます。

無理に運ぼうとして…

大きな荷物は運びにくいことが多いです。そのため、無理に運ぼうとするあまり体に負担を掛けてしまい、ギックリ腰になるケースも少なくありません。

また、ギックリ腰にはならなかったものの、重い荷物を運び続けたため腰痛になってしまう可能性もあります。大きな荷物・重い荷物を運ぶときは決して無理をせず、慎重に運ぶことが重要です。

通路が狭くて…

荷物を運ぶ際、どうしても狭い場所を通らなくてはならないこともあります。しかし、大きな荷物を運ぶ際に荷物が壁と擦れたり、動きづらいために荷物の角で怪我をしてしまったりと、様々なトラブルが起こる可能性も否定できません。

トラブルを回避するためにも、角をクッション性のある素材で保護する、荷物と壁にキズがつかないよう柔らかいパットで包んでおくなど、梱包に工夫をこらすことをおすすめします。

引越用品を揃えるなら

トラブルを防ぐには、引越し前に引越用品を揃えるなどの準備が必要です。引越用品をお求めの方は、弊社の輸送用カバーをご活用下さい。弊社では、高品質・低価格の輸送用カバーを販売しております。

オリジナル商品のハイパットシリーズは、ハードゴムやソフトゴム、超ソフト仕様など、目的や用途に合わせてご利用頂けます。個人で引越しのご予定がある方、多目的に使用できるパットをお探しの引越し業者の方はぜひご利用下さい。

ページトップへ